2010年04月13日

<子宮頸がん>「4月9日」に啓発イベント 検診受診率低く(毎日新聞)

 4月9日は「子宮(49)頸(けい)がん予防の日」。患者や医療関係者らでつくる「LOVE49プロジェクト実行委員会」などは9日、「女性なら誰にでも起こりうる病気」として、各地で啓発イベントを開く。

 子宮頸がんは20〜30代の女性がかかるがんの中で最も発症率が高い。国内では毎年約1万5000人が発症し、約3500人が死亡。大半は性交渉によるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因だ。

 昨年末、HPV感染を防ぐワクチンが発売され、検診と併せて予防できるがんになったが、検診の受診率は2割台にとどまっている。一方ワクチンは3回1セットで約5万円。開発元のグラクソ・スミスクラインによると、発売後3カ月間で約5万人が接種した。

 イベントを手伝う米山節子さん(56)は08年7月、長女朋恵さんを子宮頸がんで亡くした。「娘は結婚したばかりで、大好きな人ともっと長く一緒にいたかったと思う。予防できるのだから、ぜひ検診やワクチン接種をして」と訴える。

 実行委は9日午後7時から、東京都千代田区のTOKYO FMホールで無料のダンスイベントを開く。6チームがベリーダンスやサルサを披露する。また、検診を担う細胞検査士らが、静岡市や京都市などで検診の重要性を訴える。問い合わせは実行委(03・5821・2151)。【斎藤広子】

【関連ニュース】
子宮頸がん:ワクチン接種公費助成 仁科亜季子さんが訴え
ハローキティ:横顔で子宮頸がん予防を呼びかけ BENIのライブも TOKYO FM
子宮頸がん:「予防の時代」 国際学会…「ワクチンの啓発」「効果的な検診」主に議論
子宮頸がん:検診、無料券の利用わずか20%
子宮頸がん:防ごう 小倉駅前で検診呼びかけ−−検査士会県支部など /福岡

3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
沖縄返還「密約」文書、東京地裁が開示命じる(読売新聞)
子宮頸がん予防に助成を=女優の仁科さんが小沢氏に要望(時事通信)
山崎直子宇宙飛行士 コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)
研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
posted by シオタ ケイイチ at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。