2010年06月01日

エコブームに便乗 キリの植林名目で出資金募る 無登録営業で3人逮捕(産経新聞)

 オーストラリアなどでの植林事業を展開する「スタイレックエンタープライズ」(東京都大田区)が無登録で植林の権利を販売していたとして、警視庁生活経済課は1日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、同社の畑山喜一社長(52)=大田区山王=ら3人を逮捕。行方不明となっている同社常務(32)の逮捕状を取った。同課によると、3人は容疑を否認している。

 同課によると、同社は平成18年ごろから、キリの一種「スーパーボローニア」の苗木3本の植林権などを、1口25万円で会員に販売。延べ約4万3千人から計約97億8千万円を集金、うち約44億5千万円は違法に集めた疑いがあるという。同課は「エコブーム」に便乗し、植林をうたって投資事業を行っていたとみている。

 同課の調べによると、畑山容疑者らは20年11月4日に江東区で開いた説明会で、大阪市の不動産会社社長の男性ら2人に「木100本分の権利を500万円で契約すれば、5年後に収益を受けることができる」と契約を結ぶよう勧誘するなど、無登録で金融商品取引業を営んだ疑いが持たれている。

 同社をめぐっては、「25万円で契約すると、数百万から億単位の金が入る」「植林効果により、二酸化炭素の排出権取引でもうかる」などと虚偽の説明をしたとして、経済産業省が昨年4月、3カ月間の業務停止命令を出し、警視庁が同年6月に本社などを家宅捜索していた。

【関連記事】
森林づくりでCO2排出相殺 坂本龍一さん団体が自治体と連携
世界の森林破壊、中国などの植林で改善傾向
「陸」の慎太郎、西郷も認めた「節義の士」
林業再生へ国も支援 公立校に広がる「木の学舎」
自然に親しみながら出会いを エコ活動+合コン=ecoコン

山田宏杉並区長辞任へ 参院選出馬の見通し(産経新聞)
延期の首相会見、午後7時の見通し…方針決定後(読売新聞)
首相動静(5月27日)(時事通信)
炎上タクシーの中から男性?遺体 神奈川(産経新聞)
<大阪石綿訴訟>国側が控訴へ 仙谷担当相が言及(毎日新聞)
posted by シオタ ケイイチ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。